八ヶ岳俱楽部 @山梨県清里

a-yatu-1.jpg

清泉寮をあとにして向かった先は
八ヶ岳俱楽部というところ。

俳優の柳生博さん一家が育てた雑木林があるところです。
ショップやレストラン、
散策できる雑木林があり、
とってもお洒落な場所でした!


a-yatu-2.jpg

お地蔵さま?


a-yatu-3.jpg

多肉植物の寄せ植え。
多肉がうちのと比べ物にならないほど大きい!!


ショップ内で作家さんの手作りのお皿を1枚購入しました。
1つ1つ手作りなので、
同じ柄の物はないとのこと。
あとで紹介します♪



そうこうしてるうちにお昼の時間になったので、
レストランでランチです。

a-yatu-4.jpg

外観も可愛い。
周りに緑がたくさんあるだけで、
お店の雰囲気もだいぶ違いますよね!
お昼時でしたが
待つことなく入れました。



a-yatu-5.jpg

オットはノンアルコールビール。


a-yatu-6.jpg

高原サラダ。
野菜の名前は分からないけど
どれも新鮮で美味しかった~
「高原」って付いてると
新鮮で美味しいってイメージ抱くのは私だけかな!?


メインはパスタ。

a-yatu-8.jpg

a-yatu-7.jpg

上はベーコンときのこのパスタ、
下はボロネーゼ
だったと思います。
どちらも美味しかったですよ~♪



お腹が膨れたら、
次は体験教室です。


a-yatu-10.jpg

8/8~8/30までの期間限定なんですが、
「夏休みガラス体験」
をやっていました。
自分で書いた字や絵がハンコになる体験です。
40分くらいです。



ガラス製のハンコが出来るんです。


①原画を書く。

a-yatu-11.jpg

うちの子はデザインはサンプルの中から選び、
自分の名前だけ自分で書きました。


②シールを剥く。

a-yatu-12.jpg

息子が決めたデザインをスタッフのおじさんがPCに
取り込んで、
それをシールにして、
ハンコの先に付けて
不必要な部分だけはがします。


③砂をかける。

a-yatu-13.jpg

専用の機械にハンコを入れて、
上からガラスの粉が落ちてきます。
その砂がガラスのハンコを削ります。
するとデザインと名前のシールが貼っていない部分だけ
削れるんです。


④出来上がり。
あとで紹介しますね!



私はのんびり待っていましたが、

a-yatu-14.jpg

景色も素敵なので
待ってるだけでもとっても癒されます。

って実はお昼食べ過ぎてお腹壊してトイレ行ってました。苦笑



a-yatu-15.jpg

最後は雑木林を散策~♪


雑木林の中にある建物で
絵の展示即売会なんかもやっていて、
ホント癒される場所でした!
なんかもう熱すぎる愛知県に戻りたくない・・

後ろ髪引かれながら帰路に着きました。


キャンプも良かったし
観光も楽しめたし
充実した2日間となりました!
いいですね、山梨。
是非再訪したいです




お土産ですが~

PhotoGrid_1439334630268.jpg


左上が清泉寮で買ったフクロウのキーホルダー、
牛の角から作ったもので
柄は1つ1つ違います。
左下がガラス体験で作ったガラスのハンコ。
このハンコ自体がガラスで出来ているのですが、
ガラス職人さんが1つ1つ手作業で作ったものなので、
これまた同じデザインの物は1つもありません。
息子はこのデザインをチョイス。
とても綺麗です。
右は八ヶ岳俱楽部内のショップで買ったもの。
上でも書きましたが、
こちらも作家さんの手作りのお皿なので、
デザインも1枚1枚違って、
どれにしようかすごーーーく悩みました。
お皿自体は一目惚れ
柄物?の食器は持っていないので、
新鮮です。
サラダを乗せてもパンを乗せても食材が映えるっていうの!?
こうやって作家さんの手作りの物を
いろんな場所へ旅行した際に買って、
お気に入りの一点を集めて行くのもいいなぁ~~。



以上、山梨キャンプ&清里レポでした。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

miruko

Author:miruko
愛知県在住です。
温泉とビーチリゾートが大好きです。旅先で目一杯楽しむために、日々は節約に励んでいます!

※コメント大歓迎です。ただ、他人を不快にさせるようなコメントなどは削除させていただくことがありますので、ご了承ください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
589位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
226位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム